校章

飯田市立和田小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-1311 飯田市南信濃和田1165 TEL 0260-34-2044 FAX 0260-34-2801

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘H23年度’ カテゴリーのアーカイブ

感謝をこめて

 3月8日,6年生は先生方への謝恩会を開きました。時間の長短はあれ,児童会,クラブ活動,日々の生活でお世話になった感謝を伝える会にしようと準備を進めてきた子どもたちでした。

 プレゼントとして,手作りのティッシュケースを縫い始めたのは1月のことでした。家庭科の授業で少しずつ作品を作っていきました。手作りのお菓子は,クッキーとトリュフ。こちらは前日から生地を作ったりチョコを刻んだりし,当日は朝から自主的に集まって調理にかかりました。「作ること」に目が向きがちな子どもたちが多い中,一人黙々と片付けを進めてくれる子どもの姿もあり,成長を感じました。

 先生方からもプレゼントとお菓子は好評で,子どもたちは嬉しそうでした。

 その後,「謝恩会の反省会」と称して担任の先生を呼び出し,サプライズのミニ謝恩会まで計画していた子どもたち。メッセージ入りの手縫いのサッカーボールクッションを,感謝の言葉と共に渡すことができました。       

ページの先頭にもどる

思いを歌声に

 今年度も残りわずか。1年間の学習のまとめとして,3年生はひとり歌いに取り組みました。

 曲は,「ゆりかごの歌」「どこかで春が」の2曲から,自分で選択します。そしてこれまでに学習してきた,「速さ」「強弱」「音色」「フレーズ」「くり返し」「歌詞」などを取り入れて歌い方を工夫し,自分のイメージが伝わるように個人練習をしてきました。

 今日はその発表会。担任の先生にも来ていただいて,自分の思いを歌声にのせて歌いました。

 どの子も,気持ちよさそうに歌う姿が印象的でした。

 

ページの先頭にもどる

自分ならどうする?

 5年生の家庭科学習の1コマです。

 「新しいノートが必要になり,500円持って買いに行きました。するとお店には,『キラキラ鉛筆(キャラクター鉛筆)とノート セットで500円。本日限り!』と貼紙があります。あなたは買いますか?」

 

 購入派の意見は,「ノートは必要だし,本日限りでのセットなら買った方がお得。」「後から別々に買えば高くなるから買った方がいい。」

 購入しない派の意見は,「今必要なのはノートだけ。鉛筆は必要ない。」「いる物を買う方が安い。」「得な感じがするけど,今必要のない鉛筆を買わなくてもいいのではないか。」

 相手の意見を受けて,自分の意見を語ります。

 「今使っているものがなくなってから使うんだから,先に鉛筆を買っておいても無駄にはならない。」「でも,キャラクターやキラキラ鉛筆は,普通の鉛筆より割高だよ。」「高いんだったらお得な今,買った方がいい。」「学習の道具を買うのに,キャラクターとかキラキラとか,見た目重視でいいの?」「気に入ったものなら大事に使うし,やる気にもなるから,見た目だって大事だよ。」「本当にいるときに,キラキラ鉛筆を買えばいい。」「今買うか,後で買うか,だったら本日限りのお得セットの方がいい。」「ノート一冊なら100円で済むのに,さらに400円払って鉛筆を買うのは本当に得なの?」

 

 途中で水分補給タイムをとるほど,自分の意見を語り合った子どもたちでした。

 

ページの先頭にもどる

ねこはこたつで・・・

 一面の雪の中を,子どもたちは嬉しそうに登校してきました。朝から雪合戦やかまくら作りに夢中です。

 せっかくの雪なので・・・と,1年生は音楽の時間のはじめに「雪」を歌いました。 ♪犬はよろこび 庭かけまわり ねこはこたつで~ 「眠くなる!」 ・・・何だかおかしな歌になっていました。

 

  『はる なつ あき ふゆ』を,自分のすきな季節のグループにわかれて,歌い方を工夫してみました。夏の場面を選んだ子どもたちは,「大きなくじら,だから声も大きい方が感じが出るよ。」「ざぶんって海にもぐって波がおきるから,ざぶ~んってのばそうよ。」「ざぶん,の“ざ”を強く言うといいんじゃない?」と意見を出しては歌って確かめていました。他のグループも同様に曲を組み立てていきます。

 最後に,どんな工夫をしたかを言わずにみんなに聴いてもらいました。こんな工夫をしていた,こんな様子が伝わってきた,と感想を言ってもらうたびに嬉しそうな子どもたち。自分たちの工夫が友達にわかってもらえて,認めてもらえて,みんなが自分と同じ工夫で歌って応えてくれる,あたたかな時間になりました。

ページの先頭にもどる

霜月祭~荘厳に舞った,子どもたち

 今年も霜月祭が行われました。和田小学校の子どもたちは,毎年諏訪神社,八重河内正八幡神社で舞を踊ります。

 子どもたちは衣装に身を包み,厳かに踊りました。それは見事なものでした。地域に伝わる文化を継承する担い手としての子どもたちの姿がそこにありました。

 平成23年も,もうすぐ終わります。

ページの先頭にもどる

地域の方に教えていただき,夢中になったおやす作り

 20日(火),地域の方を7名お招きしてわら細工講習会を開催し,全校でおやす作りに挑戦しました。

 最初に深尾善一郎先生から,「おやすは,お年とりの日に,玄関に左右二つずつ飾ります。一つにはごはん,もう一つにはおかずを入れます。今日は頑張って4つ作りましょう」とお話を聞いた子どもたち,さあ,挑戦です。

 最初は作り方を忘れていた2~6年生もすぐに思い出し,どんどんと作っていきました。1年生も,お年寄りやおにいさん,おねえさんに教えてもらい,すぐに慣れて作っていきました。さいごは,みんな見事なおやすの完成!とっても満足そうな顔でした。

 これからも,地域に伝わる伝統を大切にしていきたいと思います。

 

ページの先頭にもどる

年末大掃除!?

5年生は家庭科の学習で,身の回りを整えて気持ち良く生活することについて学んでいます。

今日はまず,教室のどんなところにどんな汚れがあるのかをチェック! 清掃直後の5時間目なのに,あっちこっちからほこり,髪の毛,消しカス・・・数日前の給食のパンのかけらまで出てきました。「ちゃんと掃除したはずなのに・・・」と子どもたち。 「さっき,みんなはこの中で給食を食べたんだよ。」と言うと,さらにきまり悪そうな表情・・・ 「早くきれいにしなくっちゃ!!」

窓を開けて,動かせるものはすべて廊下に出して,大掃除スタート! 上手に清掃用具を使う子どもがお手本を示しながら,はたきをかけ,ほうきで掃き,雑巾で床をみがきました。

 

 

 

 

 

「なんとなくじゃなくて,本当にきちんと掃除をすると,終わった後の気持ちよさが違う。」と感想を言ってくれた子もいました。 

ページの先頭にもどる

中学校で合同授業 ~6年生 筝の学習~

 上村小の6年生と一緒に,遠山中学校で筝の学習をしました。教えてくださったのは,中学校の先生。上村小の友達とペアになり,筝に初挑戦です。

 久しぶりに会ったせいか最初は遠慮しがちでしたが,筝の音を出し始めるとお互いに声をかけ合って仲良く学習を進めます。「うまい!」と認め合ったり,教え合ったりしながら,筝の音色を楽しみました。

 

 

 

 

 

授業の後半には『さくらさくら』を演奏してみました。演奏しているペアに向ける思いやりの目が,とても温かでした。

 

 

 

数ヶ月後にはクラスメイトとして,中学校の校舎で学びます。

ページの先頭にもどる

「なかよしの詩・俳句 発表大会」がありました

放送委員会の企画で「なかよしの詩・俳句 発表大会」が行われました。友だちを知り仲よくなることを目的として、全校児童一人ひとりが「なかよしの詩」か「なかよしの俳句」を作りました。心が温まる、気持ちのこもった作品ができあがりました。

各学年で選ばれた作品を紹介します

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

お話の世界に浸って ~読書旬間~

 11月28日から読書旬間が始まりました。29日の朝は,先生方による読み聞かせ①を行いました。

 子どもたちは,低学年,高学年に分かれて,聞きたいお話を選んでおきます。誰が読んでくれるのかは当日までのお楽しみです。担任以外の先生も読み聞かせをしてくださるので,子どもたちの楽しみは倍増です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読書旬間後半にも,先生方の読み聞かせ②があります。 ドキドキしたり心が温まったりする時間を大切に,本と向き合い,感じ,考える読書旬間になるといいですね。

ページの先頭にもどる

和田小学校だより12月号

ページの先頭にもどる

どうする?かなへびくんたちの冬越し

最近,えさを食べなくなり,あまり動かずに眠そうにしている1年教室のかなへびくんたち。「『ふしぎなしっぽのかなへびくん』の紙芝居の中で,かなへびくんが土の中に丸まっている絵があったよ」と教えてくれた子がいて,みんなで紙芝居を見ました。そして「かなへびは冬眠をする」ということが分かりました。土をいっぱい入れて冬眠の準備をしよう!という気持ちが一気に高まりましたが,調べていくと,飼っているかなへびをうまく冬眠させることは難しく,死んでしまうことも多いことが分かりました。さらに暖かくしておいて冬眠させずに越冬させることもできる,ということも分かってきました。そこで,かなへびくんたちを冬眠させるかさせないか,話し合いました。自然のかなへびはみんな冬眠をして,飼っている「とかちゃん」たちも冬眠したがっている。でも,冬眠させて死んでしまうリスクも大きい。冬眠させるか?させないか?

そこで「つどい」で全校に聞いてみました。「みなさんはどう思いますか?」と問いかけると,たくさんの上級生が手を挙げてくれました。「えさの虫もいなくなるから,冬眠させた方がいい」「冬眠することでとかちゃんたちは寒い思いをしなくてすむのでは」「もし死んでしまったら…と考えると,姿が見えて最期を見届けた方がいい」「温かくする方法はいろいろあるのでは」など,たくさんの意見を聞くことができました。

全校からの意見を参考に,話し合っています。

 

ページの先頭にもどる

ほくほくのやきいも おいしいね♪

1年生と6年生が一緒に植えたさつまいも。10月末に50kgのおいもを収穫することができました。1年生の頭ほどもある大きなおいももあり,大豊作でした。

そのサツマイモでやきいもをしました。1年生が洗ったさつまいもを,6年生が切ったり包んだりしてくれ,火の中に入れました。焼けるのを待っている間は,缶けりやしっぽ取りをしてたくさん遊んでもらいました。そして遊び疲れた頃においもが焼き上がり,みんなで食べました。包んであった新聞紙は真っ黒でしたが,その中から出てきたおいもはいい色で,ほくほく甘~く焼けていました。さつまいもそのもののおいしさを楽しむことができました。1年生が楽しめるようにと準備してくれた6年生に感謝です。

ページの先頭にもどる

避難訓練 自分で考え判断し・・・

11月22日の休み時間,火災発生を想定した避難訓練が行われました。非常ベルが鳴ったらその場に止まって放送を聞き,出火場所に近づかないルートを考えて落ち着いて避難するように,ということはあらかじめ伝えておきましたが,日時や出火場所については事前に知らせずに訓練を行いました。休み時間ということでそれぞれいろいろな場所にいて,非常ベルの音にびっくりしたようでしたが,素早く校庭にすることができました。上級生が下級生に声をかけ,誘導する場面もあったようです。

職員にとっても,校長・教頭不在の想定であったり,出火場所を知らされていなかったり,消火器を扱ったりと,自分で判断して行動することを求められる訓練でした。

 

ページの先頭にもどる

学校便り11月号

ページの先頭にもどる

和田っ子祭り 盛大に開催!

児童会行事の目玉でもある『わだっ子まつり2011』が4日(金)に開催されました。たくさんの保護者の方に加え、多くの地域の方や保育園のみなさんが来て下さり,大盛況。各委員会や姉妹学級が準備した“お店”も行列ができるほど盛り上がっていました。お店番は大忙しとなっていましたが、子どもたちはやりがいや充実感をたっぷり味わうことができたようです。

 今年のわだっ子まつりでは『自分からあいさつ』『楽しい交流』という二つのテーマを掲げ準備を進めてきました。レクタイムにいろんな人とふれ合ったり,あいさつを交わしたりしながら,楽しい交流の時間をたくさん持つことができました。今後も進んで自分からあいさつをし,気持ちのいい関係をつくっていくことを大切にしていきたいです。

 ご参加していただきました皆様,ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

縦割り清掃旬間

11月1日より,縦割り清掃に取り組んでいます。

いつもと違う分担場所を,いつもと違うメンバーで。高学年と低学年がペアになって清掃に取り組むことで,新たな学びや協力の姿が生まれます。

清掃の最後には,グループで集まってその日の清掃をふり返り,明日のめあてをもって終わります。清掃に向かう姿が,ぐんぐん変わっていきます。

ページの先頭にもどる

修学旅行に行ってきました!

10月26日,27日と6年生は1泊2日の修学旅行に出かけました。和田小の9名だけでなく、上村小学校の6年生のみなさん(7名)と合同での実施ということで,16名での旅行となりました。5年生の時の臨海学習でも一緒でしたし、これまで交流会を重ね、事前学習を一緒に進めてきたので,班での活動もチームワークはバッチリです。

 一日目は国会議事堂・浅草寺・東京ディズニーランド,二日目は国立科学博物館,江戸風鈴作り体験,東京タワー見学と,内容が盛りだくさんの二日間でしたが、16名みんなで元気に楽しくたっぷり東京を味わってくることができました。

 ディズニーランドはちょうどハロウィンの真っ最中。人が多くてアトラクションは思うように乗れないこともありましたが,ねらいを絞ってアトラクションを楽しみつつ,華やかな雰囲気を十分味わってくることができました。

 二日目の江戸風鈴作りでは,1人1人がガラスを拭かせてもらって形作った自分の風鈴に絵付けをしました。思い思いの絵や模様を描き,世界に一つの形,デザイン,音色を持つ素敵な風鈴が出来上がり,お土産として持ち帰ってきました。来年の夏,オリジナル風鈴の涼やかな音が響くと、きっと楽しかった修学旅行の思い出がよみがえることでしょう。

 あっという間の楽しい二日間でしたが,一つ一つの場面が心に残る楽しい旅行をみんなでつくり上げることができました。

ページの先頭にもどる

聴いてほしくて・・・

 1年生の音楽では,鍵盤ハーモニカで『ひのまる』に挑戦しました。 いつも見ている楽譜とはちょっと違う楽譜を手にして,「先生,同じ音がふたつずつ続いてるよ!」 「3段目と4段目は,同じ音が続くところとひとつずつ動くところがある!」などといろんなことに気付きました。 「これなら鍵盤ですぐできそう!やろうよ!!」と,練習に取りかかりました。

 自分のペースで練習を進める子,友達と教え合いながら練習に取り組む子,「(音が)ジャンプするところが難しいよ~。誰か助けて~。」の声にさっと寄りそう子,「先生,聴いててね!ここが上手にできるの。」と嬉しそうな子・・・  みんなでリレー奏をして楽しみました。

 

 「ねえ,Y先生にも聴かせてあげたいな。」ということで,急遽演奏の流れを考え,分担を考え,発表の隊形を考え,『ひのまるコンサート』に担任の先生を招待しました。 子どもたちが願った,『ひのまるが,しわにならないで,風に気持ち良くゆれる様子』で演奏した音色を褒めていただき,とても満足していました。  

ページの先頭にもどる

感謝の気持ちを込めて

 10月13日は,最後の調理実習となるクラブ活動でした。これまでの郷土料理クラブの活動では,地域講師の方に調理の手順や味付けなど,すべて教えていただいて調理をしてきましたが,「最後の調理は,郷土の食材を使った料理を自分たちだけで作って,講師の先生に感謝の気持ちを表したい。」という願いのもとで調理をしました。 学校の近くのお豆腐屋さんで作っていただいた木綿豆腐を使った『豆腐ステーキ たっぷりきのこソース』と,そば粉を使った『そば粉クレープ』に挑戦しました。

 『豆腐ステーキ』チームの3人は,しょうがの千切りに苦労しましたが,食べやすい大きさにそろえてきのこを切って香りよくソースを作りました。しっかり水切りをしたお豆腐も,丁寧に片栗粉をつけて,油の量や火加減に気をつけてこんがりと焼き上げました。

 『そば粉クレープ』チームの3人は,クレープの皮を色よく,できるだけ薄く焼くことに集中! 不安そうに裏返していたのが嘘のように,フライパンを上手に回して生地を広げたり,破らないように裏返していました。

 「いい匂いだね。味もおいしい。」と講師の先生に褒めていただき,自信をもつと同時に,誰かのために料理を作る喜びを味わった子どもたちでした。

 

ページの先頭にもどる