校章

飯田市立和田小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-1311 飯田市南信濃和田1165 TEL 0260-34-2044 FAX 0260-34-2801

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2021 年 3 月 のアーカイブ

児童総会がありました

9日の6時間目には今年度児童会活動の締めくくりである児童総会が2年生以上の児童が体育館に集まって行われました。6人しかいない6年生がこの日は2人欠席という大ピンチでしたが、そこはさすがに6年生、残りの4人がそれぞれの責任を果たしながらがっちりとスクラムを組んで、落ち着いて総会を運営していました。意見を言う側の2年生~5年生も事前に資料を読み込んで自分の意見をまとめていて、賛成意見、改善要望、質問など的確に発言していました。最後には選挙で決まった新役員への引き継ぎも行われました。少しずつバトンタッチが進んでいきます。

ページの先頭にもどる

遠山荘のみなさんへ

8日の午前中には5年生が地区内にある特別養護老人ホーム遠山荘を訪問しました。和田小学校と遠山荘は毎年高学年が訪問させていただく交流を続けてきていますが、今年度は新型コロナウィルスの影響で実施できませんでした。自分たちで作ったお米を販売した5年生がその売上金をどのように使うか相談して、一部を新型コロナウィルスで困っている施設に寄付しようということになり、この日遠山荘を訪れました。消毒液やマスクなど寄贈した後、所長さんからお礼の言葉をいただきました。来年度は実際の交流ができるとよいです。

ページの先頭にもどる

追手町小学校との交流を行いました

9日には4年生が以前から交流を続けてきている追手町小学校とのオンライン交流を行いました。昨年11月に南信濃に社会見学に来た追手町小学校4年生と実際に交流をして以来になります。もう顔見知りなのでリモートでも和やかな雰囲気になります。今回は今年度取り組んできた人形劇「ゆずとゆかいななかまたち」を発表しました。そして追手町小学校の皆さんは合唱で美しい歌声を聞かせてくれました。後で聞くと「今度は生で歌を聴いてみたい」という子どもの感想がありました。この交流はまだまだ続きそうです。

ページの先頭にもどる

ESDコンソーシアムがありました

6日の土曜日には信州ESDコンソーシアム成果発表&交流会がオンライン開催されて、和田小学校からは5年生が発表を行いました。オンラインなので長野県だけでなく、岐阜県や宮崎県、群馬県などの学校も参加していました。和田小学校は今年度取り組んだお茶を摘んで、袋詰めして、販売することで和田小学校のことを多くの人に知ってもらい、児童数増につなげようという「ウェルカムティープロジェクト」、そして地域の皆さんにお手伝いいただいたお米作りの様子について発表しました。SDGs学習の取り組みが全国的広がっています。和田小学校でも今後も積極的に取り組んでいきます。

ページの先頭にもどる

郁文館グローバル高校へのメッセージを絵馬に書きました

4日の6時間目には5.6年生が交流を続けている東京の郁文館グローバル高校の生徒さんに向けて、メッセージを絵馬に記入しました。郁文館グローバル高校とは7月から外国語や総合的な学習などのオンライン交流を4回行ってきました。しかし東京では緊急事態宣言が発出されてオンライン交流を行うことが難しくなってしまいました。そこで今年度の交流の締めくくりとして交流のきっかけになった2019年12月の遠山天満宮での霜月祭でも行った絵馬奉納を、交流に感謝するメッセージを記入して行うことにしました。「リモートで会うたびに楽しい企画を考えてくださりありがとうございます。次はリモートでなく実際に会って英語を教えてください。霜月祭もいっしょに舞いたいです」など気持ちのこもったメッセージを書き込んでいました。郁文館グローバル高校の生徒さんにも絵馬を記入してもらい、合わせて3月に遠山天満宮に奉納する予定です。

ページの先頭にもどる

中学校体験授業がありました

29日の午後には6人の6年生が遠山中学校に体験入学に出かけました。上村小学校の1名を加えて、来年度は7名が入学する予定です。体験授業は数学でした。小学校の復習問題を大人の力を借りずに、自分で教科書を使って調べたり、友だち同士で教え合って解決していくことを目指しました。修学旅行などで上村小学校の子どもたちとも顔見知りの間柄ですが、最初のうちは少し緊張もあってなかなか話もできませんでしたが、後半はお互いの席に出向いて教え合う様子も見えてきました。中学校生活の説明会では1年間ですっかり立派になった先輩たちから、中学校生活のイロハを教えてもらいました。少し本物の中学生に近づいた半日でした。

ページの先頭にもどる

児童会選挙立会演説会がありました

29日の朝行事の時間には令和3年度の児童会役員選挙立会演説会が行われました。来年度の6年生は5名ですが、2人の立候補者があり選挙戦になりました。推薦責任者と立候補者がそれぞれ堂々と自分の考えを発表してくれました。「ルールを守ってみんな仲の良い学校」「明るく元気、地域との関わりを深める学校」というそれぞれの候補者のスローガンもとても分かりやすいものでした。どちらが会長になるにしても、来年度の6年生を中心にみんなが協力してよりよい和田小学校を作ってほしいと思います。

ページの先頭にもどる

遠山中とのオンライン交流

28日の朝行事の時間には遠山中学校とオンライン交流を行いました。中学校では新しい生徒会役員の皆さんが令和3年度にがんばりたいことを分かりやすく発表してくれました。最初にヒーロー物のキャラクターを登場させるなど、小学生のことを考えた構成になっていました。持続可能な生徒会を目指して上村小学校や和田小学校とも連携していきたという話もありました。発表後に多くの小学生が感想を述べていました。やはり生での交流はお互いに得るところが多いと感じました。来年度はさらに連携を深めていきたいです。

ページの先頭にもどる

かわいい4人のお客様

21日には和田小学校にかわいいお客さんがきてくれました。和田保育園の年長児の皆さん、つまり来年度の1年生です。男子1名、女子3名の友だちが1年生の教室に入ってくると、それだけでにごやかになります。1年生もこの場ではお兄さん、お姉さんなのでとても張り切っていました。最初に挨拶をした後、1年生が見本になって返事の練習をしました。自己紹介も大きな声で言えました。みんなで歌を歌った後、1年生が作ったオリジナル双六を使って遊びました。自分たちで自由に作ったので、内容もとても面白く、笑い声が絶えませんでした。小学校に入学しても連学年として仲良くできそうです。

ページの先頭にもどる

道徳の連学年授業を行いました

令和3年度には和田小学校で児童数の減少により、1.2年生、3.4年生は複式学級を基本とした教育課程を行っていく見通しです。既に昨年度より、技能教科を中心に連学年授業という形で進めてきていますが、21日には来年の連学年となる4.5年生が合同で道徳の授業を行いました。「4つのコーナー」という学習で一つずつのテーマについて「とてもそう思う「どちらかと言えばそう思う」「どちらかと言えばそう思わない」「まったくそう思わない」の4つの考えに分かれます。「果物は何でも美味しい」「大人は子どもより得だ」「学校の先生はもっと厳しい方がいい」と言った身近なテーマから「世界が平和になることはあり得ない」「命は大切だ」など少し重いテーマまで扱いました。その度に子どもたちの考えは分かれるのでその理由について話し合うことがとても大切です。「たくさんの友だちの考えが聞けて良かった」と授業後に子どもたちも感じていました。

ページの先頭にもどる

2021年スタート 3学期始業式がありました

激動の2020年が終わり、新しい年2021年がスタートしました。和田小学校では1月7日に3学期始業式を行いました。今年は丑年と言うことで校長講話では前回2009年の丑年のことを振り返りました。新型インフルエンザの流行、自民党から民主党への政権交代、リーマンショックに始まる世界同時不況、そして高速道路の1000円割引などいくつかのできごとを振り返りました。12年も過ぎてしまえばあっという間という印象です。和田小学校の12年前は63名の児童が在籍していました。今から12年後の2033年の和田小学校の予想児童数は残念ながら0名です。「持続可能な和田小学校」を目指して今年もがんばっていきます。

ページの先頭にもどる

2学期終業式がありました

今年度の2学期はいつもの年より少し早く12月25日に終業式を迎えました。朝行事の時間に和田っ子ルームに全校児童が集まって2学期終業式を行いました。もう少しで40℃という猛暑だった8月から、-7℃を観測した12月まで、2学期は長い学期でした。新型コロナウィルスの影響で内容や時期を変更した行事はありましたが、中止になった行事はなく、ほぼ予定通りの活動ができたのはありがたいことでした。1年生~6年生がそれぞれの校外活動を行って、たくさんのことを学んだ学期でした。28人全員の笑顔が3学期もたくさん見られるとうれしいです。

ページの先頭にもどる