校章

飯田市立和田小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-1311 飯田市南信濃和田1165 TEL 0260-34-2044 FAX 0260-34-2801

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2020 年 11 月 のアーカイブ

保護中: 音楽会配信URLについて

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

ページの先頭にもどる

地球環境について楽しく学習

20日の午後には飯田市環境課の方による今年度2回目の環境学習を体育館で行いました。まず「オゾン層を守り、地球温暖化を防ぐ」というテーマでお話していただきました。その後、紫外線で色が変わるバルーンスライムと紫外線発色ビーズのストラップを作りました。実際に色が変わる様子を見て、子どもたちはとても驚き、喜んでいましたが、自然豊かな南信濃に暮らすからこそ、色が変わる意味や自然環境を大切にすることを改めて考えていきたいと思います。

ページの先頭にもどる

保育園のお友達といっしょにさつまいも掘り!

19日の午前中には6月に植えたさつまいもの収穫作業を保育園の友だちと合同で行いました。今年の南信濃は大雨や猛暑がありましたが、地域の方にお世話をいただいた「紅はるか」は順調に育ちました。畑に着くと、きれいに葉や茎が刈り取られ、後は掘るばかりです。当日はとても寒かったのですが子どもたちは意欲満々で力を合わせてどんどん掘っていきました。土からさつまいもの頭が見えると「あった!」と言っては、夢中になって掘り、無事に掘れると満面の笑みを浮かべてとてもうれしそうでした。肥料袋に10袋以上という大量のさつまいもが収穫できました。また新たな活動ができそうです。

ページの先頭にもどる

人形劇公演に向けて準備が進んでいます

4年生は例年なら夏休み中に開催される人形劇フェスタで自分たちで作った人形を使って人形劇を発表しています。しかし今年度はコロナ禍でフェスタは中止となりました。そこで11月21日(土)に開催される南信濃芸術祭で人形劇のお披露目をすることになり、現在準備や練習が進んでいます。初めての経験ですので、地元南信濃の劇団の方に人形作りを教わったり、人形劇のプロの先生に直接指導してもらったりしました。プロの先生からは「物語の世界は現実には起こらないことが多い。そこでお芝居で大切なことは、演じる全員で同じ嘘をつくこと。そして、お客さんに気持ちよくだまされてもらうこと」というアドバイスをいただきました。みんなで気持ちをそろえてお芝居を作りたいと思います。

ページの先頭にもどる

郁文館グローバル高校と外国語授業で交流

13日には5.6年生が東京の郁文館グローバル高校との交流を行いました。今回も外国語の時間としましたが、内容が前回より大幅にグレードアップしました。前回は自分の名前や年令を紹介するという入門編の内容でしたが、今回は予め児童が使っている教科書の内容に沿った授業をしてもらいました。高校生が発音する「Can you 」がついた英文を日本語にしてみましょうという課題では、留学経験のある高校生のあまりにも流暢な英語に焦っていましたが、少しゆっくり発音してもらって、みんなで相談しながら質問に答えてみました。いつもの外国語の時間より緊張感があり、英語を聞き取ろうと耳を傾ける姿はある意味コミュニケーションを取るという外国語の時間のねらいに迫っていると感じました。

ページの先頭にもどる

和田小学校は読書旬間です

12日~23日まで和田小学校は読書旬間になっています。普段よりもたくさん本に親しんでもらえるように様々な企画があります。月曜日には文化委員会のメンバーが児童集会を行ってくれました。読書旬間の紹介と期間中の主な企画について発表してくれました。

13日の校長講話では本の紹介がありました。今年度和田小学校で力を入れて取り組んでいる「SDGs学習」について、図書館に入ったばかりの本の内容を解説してくれました。

また2時間目には連学年ごとに中央図書館南信濃分館の先生方の読み聞かせをお聞きしました。

また2時間目には連学年ごとに中央図書館南信濃分館の先生方の読み聞かせをお聞きしました。

14日の朝には地域の読書ボランティアである「パステルカラー」さんの読み聞かせを低学年・高学年に分かれてお聞きしました。今年はコロナ禍のため、パステルカラーさんも今回が初登場となりました。秋の夜長、心の栄養がつけられるように本に親しんでほしいです。

ページの先頭にもどる

来年度に向けて授業研究

9日には指導者の先生をお迎えして授業研究会を行いました。児童数の減少により来年度以降さらに連学年授業・複式授業が増える見込みなので、今回は1.2年図工、3.4年道徳、5.6年体育とそれぞれ連学年授業を実施して、その様子を全職員で参観してよりよい指導のあり方について考えました。
1.2年図工は30枚のカードから自分のお気に入りのカードを選び、その理由を友だちと発表し合いました

3.4年道徳は「黄金の魚」というお話を教材にして「調子に乗りすぎたり、やりすぎてしまったことについて」意見を出し合って考えました。

5.6年体育ではタグラグビーというスポーツに取り組みました。相手をかわしてボールを前に進めるにはどんな動きがいいのかをチームで相談しながらゲームを進めました。
どの授業でも学年の壁がなく、一つの学級のように授業に取り組めていたのは和田小学校の良さだと感じました。来年度に向けてさらに研究を深めていきます。

ページの先頭にもどる

今年度初めてのクラブ活動

8日には今年度1回目のクラブ活動がありました。いつもの年なら自分がやりたい内容を選んで、いくつかのクラブを作るのですが、今年は新型コロナウィルスの影響もあり、クラブの回数も限られているので、4~6年生19名が「藤蔓」「霜月祭」「わら細工」の3つを、全員で順番に経験していくことにしました。最初は「藤蔓」です。地域の方が10名も来てくださり、藤蔓を使った細工に取り組む子どもたちを一人一人手取り足取り丁寧に指導してくださいました。おかげで時間内に作品が完成してうれしそうでした。

ページの先頭にもどる

児童総会が行われました

6日には今年度初めての児童総会が3~6年生が参加して体育館で行われました。いつもの年なら当然4月に行われるべきものですが、新型コロナウィルスの影響でこの時期となってしまいました。ですがその分児童会役員としての経験を積んできているので、総会にも堂々と臨んでいました。各委員長が後期の活動方針を発表すると、参加する側の子どもたちも要望や質問などそれぞれが考えていることを出し合う姿が見られました。いつもの学級よりは多くの人数の前で自分の姿・声・気持ちを前に出す経験ができてとてもよかったです。

ページの先頭にもどる