校章

飯田市立和田小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-1311 飯田市南信濃和田1165 TEL 0260-34-2044 FAX 0260-34-2801

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2020 年 6 月 のアーカイブ

うれしいお客様

22日には1年生にうれしいお客さんがありました。和田保育園でお世話になった園長先生と、担任だった先生が来校してくれて、5時間目の算数の様子を見ていただきました。好奇心旺盛で、学ぶ意欲満々の1年生は集中してたしざんの学習に取り組みました。「+」や「=」の読み方や意味を初めて知りましたが、早速練習して自分でも使えるようになっていました。保育園の先生方も小学校に入って成長した子どもたちの姿をとても喜ばれていました。

ページの先頭にもどる

親子でわだっ子茶の袋詰め

わだっ子茶も収穫作業を例年以上にたくさんの人たちで行った結果、大量のお茶ができました。それはとてもよかったのですが、わだっ子茶を販売するのは、量を量って、袋詰めをしないといけません。50や100位なら少ない人数でも何とかなるのですが、今年は500袋ほど詰めないといけません。これは子どもだけでは無理ということで、21日の日曜日には主にPTA役員の有志の方にお集まりいただき、お茶の袋詰め作業を行いました。保育園児から小学生・中学生・保護者まで20人近くが参加してくださいました。さすがに要領を得ている大人の方の作業は早く、1時間ほどで150袋詰め込むことができました。最後にはわだっ子茶を試飲してその美味しさを確かめました。

ページの先頭にもどる

ウェルカムティープロジェクト進行中

6月18日には5.6年生でわだっ子茶の袋詰め作業を開始しました。今年は54kgと大量のお茶ができました。それはとてもよかったのですが、作業量は昨年度よりかなり多くなります。80gずつ計量器で正確に計って、一つずつ袋に入れていきますが、慣れているはずの5.6年生でも数をこなすのはやはり大変です。机の上の袋や茶葉が減ってくると、すかさず袋や茶葉が追加されます。立ちっぱなしの作業なので足や腰も痛くなってきます。この日は2時間がんばって170袋ほど仕上げることができました。

ページの先頭にもどる

1年生を迎える会がありました

6月15日には予定より2ヶ月遅れで、ようやく1年生を迎える会を行うことができました。今頃?という考え方もありますが、やはり節目の行事は大切です。最初に1年生の自己紹介がとても堂々としていて、2ヶ月間の成長を感じました。2~5年生も心のこもった、工夫のある出し物をしてしてくれました。そして6年生にとってもこの会は大切です。準備・運営と6人でこなすのは大変ですが、それだけにやり遂げた時の自信や満足感は他に代えがたいものがあります。全校児童それぞれの成長が感じられる会となりました。

ページの先頭にもどる

道徳の遠隔合同授業

6月11日には2年生が、上村小学校、天龍小学校とビデオ会議システムで結んで、3校合同の道徳の授業を行いました。扱ったテーマは「自分のよいところはどこだろう」です。本校の2年生は在籍2名です。ですから多様な考えに触れたり、話し合いによって意見を深めていくことが求められる道徳の学習では、なかなか思うとおりにならないことがあります。今回は初めての試みだったので、ねらい通りいかないこともありましたが、大勢で授業をすることそのものが2年生にとっては刺激的な体験になります。会を重ねていくことで内容の濃い授業にしていければと思います。

ページの先頭にもどる

持続可能な和田小学校となるために!

6月10日には今年度初めての校長講話を体育館で行いました。いつもは和田っ子ルームという教室で行いますが、三密を避けるために広い体育館を使いました。講話のテーマはずばり「持続可能な和田小学校」です。はじめに和田小学校の児童数の予測グラフを見せました。現在の28人から26人→25人→19人→16人→14人→11人→7人→3人と減少し続けて、2029年度には0人になってしまいます。児童からは驚きの声とため息が聞こえてきました。もちろんこれは何もしなければという場合です。今、できることとして名産のお茶を使って多くの人たちに和田小学校に関心を持ってもらう「ウェルカムティープロジェクト」を提案しました。講話後の6年生の感想です。
「今日、校長先生のお話がありました。全校の生徒をどうやったら増やせるか、そのためにはウェルカムティープロジェクトをやることにしました。そのプロジェクトは飯田やかぐらの湯でお茶を売りながら、和田小の宣伝をして興味を持ってもらいたいと校長先生は話していました。私もできたらお茶を売るのを4.5年生と一緒にやりたいなあと思いました。一人でも子どもをがんばって増やしたいです。」
今後も全校一丸となってウェルカムティープロジェクトを進めていきます!

ページの先頭にもどる

いざという時には!防犯訓練を行いました

新型コロナウィルス感染症の影響で臨時休校が続き、学校行事もなかなか予定通りに実施できません。しかし子どもたちの安全に関わる行事は最優先と言うことで、4日には南信濃駐在所のお巡りさんに来校していただき、全校で防犯訓練に取り組みました。最初に何人かの代表の子に前に出てもらい、不審者役のお巡りさんとのやりとりを通して、不審者に遭遇した場合の対処の仕方について確認しました。「相手との距離をとる」「大きな声を出す」「相手の足を踏む」などです。その後、学級ごとに実際にそのことを実行する訓練をしました。いざというときにも対処ができるように、みんな真剣に取り組んでいました。

ページの先頭にもどる

全校でプール清掃を行いました

6月に入っても梅雨の気配は全くなく、毎日暑い日が続いています。3日の午後には先日のPTA作業できれいにしていただいたプールを、全校児童でさらに磨き上げる作業に取り組みました。28名という小所帯ですが、全員が一生懸命働いている姿はとてもすばらしいです。1年生もプールサイドの草取りをがんばっていました。6年生が担当したプールの壁はさすがにきれいでした。2時間がんばった後には、すっかり泳げるプールに仕上がりました。プール開きももうすぐです。

ページの先頭にもどる

和田保育園の皆さんと一緒にさつまいもの苗を植えました

6月2日の午前中には今年度初めての取り組みとして、和田保育園の皆さんといっしょに地域の方の畑に出かけて、さつまいもの苗を植えました。畑までは徒歩で15分ほどの距離でしたが、縦割り班ごとにグループになって仲良く手をつないで和田の町の中を歩きました。畑はマルチシートが敷かれていたり、さつまいもの苗がバケツの中に分けて入れてあったりと作業がスムーズに進むように準備を整えていただいてありました。早速グループごとに場所を決めて苗を植えてきましたが、保育園園児の皆さんも上手に植えていてびっくりました。和田小学校と和田保育園は徒歩5分ほどの近距離にあります。両者とも子どもの数が少なくなってきているのが最大の懸案です。特徴ある取り組みとして今後も交流を深めていきたいと思います。

ページの先頭にもどる

54kgのわだっ子茶ができました。

5月28日に地域・保護者の方々にも協力してもらい摘んだお茶の葉が製茶作業が終了して学校に戻ってきました。今年は157kgというたくさんの茶葉を摘むことができたのでどのくらいのお茶ができるか楽しみでした。結果は54kgとたくさんの量になりました。昨年度が7kgでしたので、8倍近くと言うことになります。この手摘みの貴重なお茶を「わだっ子茶」として売り出すと同時に、移住・定住の呼びかけを行う「ウェルカムティープロジェクト」を進めていきます。

ページの先頭にもどる

土曜参観日・PTA総会・PTA作業

1年生

2年生

3年生

4年生

5年生

6年生

 

ようやく臨時休校も終了して5月25日(月)からはほぼ通常の学校生活ができるようになりました。31日には延び延びになっていた参観日、PTA総会、PTA作業を続けて行いました。授業参観では初めての1年生はもちろん、1つ進級した2年生~6年生も成長した姿をお家の人に見てもらうことができました。その後、保護者の皆さんに体育館に集まっていただきPTA総会を行いました。例年よりは短縮した内容ではありましたが、今年度は移住・定住についてPTAとしても取り組んでいくことになりました。そして最後はPTA作業です。例年プール清掃を中心に行っていただいています。今年も高圧洗浄機などの機械を上手に使いながらきれいに仕上げていただきました。子どもたちも校庭の側溝掃除など自分たちができることにがんばって取り組みました。

ページの先頭にもどる