校章

飯田市立和田小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-1311 飯田市南信濃和田1165 TEL 0260-34-2044 FAX 0260-34-2801

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2019 年 10 月 のアーカイブ

此田神楽の伝統を受け継ぐ

15日には和田小学校の学区内にある八重河内の此田地区を中心に伝わる民俗芸能である「此田神楽」保存会の方が来校してくださり、6年生との顔合わせを行いました。後継者がいなくて伝統が絶たれそうになっていた此田神楽を和田小学校の6年生が行うようになってから、今年で4年目になります。神楽の演奏に使う和楽器もこの日学校に寄贈していただき、練習環境も整いました。1月の発表に向けてがんばっていきたいです。

ページの先頭にもどる

全国へき地教育研究大会がありました

11日には全国へき地教育研究大会長野大会が開催されて、和田小学校のお隣の上村小学校で授業公開が行われました。その授業公開の中には和田小学校と結んだ保健指導の授業と、和田小学校、天龍小学校と結んだ社会科の授業がありました。社会科では4年生が「郷土の発展に尽くした人々」について、それぞれの学校で調べました。そして調べたこと、わかったことをお互いに発表し合って、3人の共通点を考えてみました。心を寄せて調べてきた内容ある発表は他校の児童の心にも落ちて、実りある話し合いができて、全国から参観された大勢の先生方からお褒めの言葉がありました。この成果をこれからの遠隔合同学習にもつなげていきたいです。

ページの先頭にもどる

非違行為を防止するために

残念ながら学校の信頼を損なうような教職員による非違行為が後を絶ちません。今年度は和田小学校のある下伊那でも発生しています。9日の放課後には職員で非違行為防止のための研修に取り組みました。今回は一度非違行為が行われると、自分や周囲にどんな影響があるのかを考えてみました。直後はもちろん、一ヶ月後、半年後、一年後、そして心の傷は一生残るのではという想像もできます。これだけ長く、深く自分や周囲を傷つける非違行為を起こしてはならないと改めて一人一人が心に誓うことができました。

ページの先頭にもどる

交通安全教室を行いました

10月9日には全校で交通安全教室を行いました。今回のテーマは安全な自転車の乗り方です。最初に体育館でDVDを見て、自転車の安全な乗り方について基本的な知識を学びました。そのあと1年生~4年生は校庭のコースで、5.6年生は実際に路上のコースに出て、自転車の安全な乗り方の練習をしました。普段めったに乗らない児童もいるので、見ているこちらがヒヤヒヤするような運転もありました。しばらく乗っているうちに上手になってきましたが、この日に学んだことを忘れずに安全に乗ってほしいです。

ページの先頭にもどる

歯科指導をしていただきました

10月7日には市の歯科衛生士さんに来校していただき、全校児童が歯科指導をしていただきました。児童数の少ない和田小では一人一人丁寧に指導していただくことができます。5年生は歯肉炎について学習しました。歯肉炎の原因の一つが正しい歯みがきができていないことであることを知り、実際に薬を使って歯の汚れた部分の染め出しをしてみました。自分ではきれいに磨いたつもりでも鏡を見ると、真っ赤に近い状態の歯がたくさんありました。念入りに歯みがきをしてきれいな歯になるとみんなすっきりした顔をしていました。

ページの先頭にもどる

陶芸教室がありました

10月4日には地域にお住まいの陶芸家の方をお招きしての陶芸教室が行われました。1.3.5年生が対象なので、子どもたちは2年に一度は陶芸を体験することができます。まず最初に5年生が挑戦しました。カップやお皿など自分が作りたいものを決めて、粘土を丸めたり伸ばしたり、切ったりしながら形を作っていきます。5年生は何回か経験があるので、スムーズに自分のイメージしたものを作れているようでした。完成した作品と出会う日が楽しみです。

ページの先頭にもどる

図工の研修会がありました

10月2日には先輩の先生をお迎えして、本校職員が図工の研修会を行いました。まず5時間目には1.2年生が実際に講師の先生のご指導を受けて絵を描いてみました。題材はまだ記憶に新しい運動会です。大玉運びの場面を描くことになったので、まず実際に体育館でみんなで大玉を運んでみて、玉の大きさや支える手、表情について実際に体験しました。その後クレヨンで線がきしていきましたが、講師の先生の褒め言葉のシャワー効果もあり、どの子どもたちも伸び伸びと自分の思いを描いていました。放課後には職員向けの研修がありました。日常の図工指導で課題に感じる点の質問などに一つ一つ丁寧お答えいただき、明日からの図工指導の見通しを持つことができました。

ページの先頭にもどる

和田の発展に尽くした人を調べています

30日には社会科で「郷土の発展に尽くした人」について学習している4年生が和田地区内を取材しました。4年生は30年ほど前に亡くなった近藤知三郎さんという方について調べています。その知三郎さんの墓参りをした後、関わりのある信金、映画館の跡、かぐらの湯、興亜エレクトロニクス、JA,森林組合などに実際に足を運びました。子どもたちの保護者の中にはそこで仕事をされている方もいるので、とても身近な存在です。改めて近藤知三郎さんの業績の大きさを感じる日になりました。

ページの先頭にもどる

4年生が長野社会見学に行ってきました

27日には4年生が上村小学校の4年生といっしょに長野社会見学に出かけました。とにかく県南端の遠山郷から長野市までは遠いです。バスで4時間近くかかります。最初の目的地善光寺ではお寺の方のお話を聞いた後、お戒壇めぐりを体験しました。本当の暗やみの中を手探りで歩いて、全員が極楽の錠前に触れることができました。また長野県庁ではちょうど開会中の議会の様子を膨張できて、その緊張感に触れることができました。実際に足を運ばなくては体験できないことが、たくさんできた1日でした。

ページの先頭にもどる

3校の1.2年生が集合学習を行いました。

26日には上村小学校、天龍小学校の1.2年生が和田小学校に来てくれて、今年度2回目の3校の集合学習を行いました。昨年度からの交流の積み重ねもあるので子ども同士の心の交流が見られる場面がたくさんありました。1年生では相手を見つけての自己紹介や校舎案内を行いました。本校の1年生は在籍2名なので、その数倍の子どもたちを教室に迎えて、いつもは見られない表情が見られました。相手意識を育てる、友だちとやりとりしながら自分のありようを考えるとてもいい機会になっていました。これからも定期的に行っていきます。

ページの先頭にもどる

運動会がありました

21日は天候が心配される日となりましたが、幸い雨が降ることはなく、予定通り運動会を実施することができました。涼しい日となったので熱中症の心配もなく、雨天プログラムとはなりましたが、子どもたちは最後まで和田っ子魂を燃え上がらせて、正々堂々と戦うことのできた運動会となりました。

ページの先頭にもどる

保育園の友だちと練習しました

17日の2時間目には和田小学校のすぐ近くにある和田保育園の年少・年中・年長の計11人の皆さんが学校に来てくれて、校庭で運動会種目の練習をしました。プログラムの中には保育園の友だちの種目が4つも計画されています。小学生といっしょに行う玉入れを練習した後、クラスごとにかけっこの練習をしました。保育園の庭よりかなり広い校庭ですが、最後まで全力で走りきる姿が見られました。来入児種目のはたひろいの練習も終わり、後は本番を待つばかりとなりました。

ページの先頭にもどる

稲刈りをしました

いよいよ運動会が目前に迫ってきましたが、17日には5年生が学校から歩いて10分ほどの田んぼに出かけて稲刈りの作業を行いました。5月に2枚の田んぼに植えたコシヒカリともち米がまさに「実りの秋」を迎えていました。1枚は稲作りを教えてくださる方のコンバインで刈り取っていただきましたが、もう1枚の方は6人の児童と何名かの職員、そして保護者の方で力を合わせて、全て手作業で刈り取りました。少し暑さを感じる陽気でしたが、田んぼのコンディションもよく「ザクッ、ザクッ」という音が耳に心地よく響きました。

ページの先頭にもどる

長野社会見学に向けて

9月27日には和田小学校の5名の4年生と上村小学校の1名の4年生が合同で長野に社会見学に出かけることになっています。運動会の練習真っ盛りのこの時期ですが、事前の打ち合わせを遠隔合同授業で行いました。実際に会って学習を行う集合学習も何回か行ってきているので、お互いに顔も名前もよく分かっている間柄です。この日はしおりの読み合わせをしながら、係の分担を決めました。準備を進めていきたいと思います。

ページの先頭にもどる

全校リレーの練習をしました

9月21日の運動会本番に向けて校庭での練習も多くなってきました。少人数の本校では普通の規模の学校にはない独自種目がいくつかあります。その一つが全校リレーです。大きな学校ではリレーは各学級で選抜された選手が参加するのが通例です。ですが38名の本校では、赤19人白19人に分かれて全員がリレーに出場します。1年生から順番に一人半周ずつ走り、6年生のアンカーのみが1周してゴールです。10日は初めての練習でしたが、全員が最後まで走りき大接戦になりました。本番が楽しみです。

ページの先頭にもどる

毎朝の落葉掃き

2学期の大きな行事である運動会の練習が始まりました。校庭を使う機会が増えてきましたが、この時期はたくさんある桜の木から葉が落ちる時期でもあります。用務員の先生が毎日とてもきれいにしてくださいますが、和田小学校の良き伝統として、高学年が朝の時間に落ち葉はきを手伝っています。時間になると竹ぼうきや熊手を持って桜の木の下に集まりきれいにしてくれています。話をするよりも行動する方が伝統が伝わる気がします。

ページの先頭にもどる

防災訓練・引き渡し訓練を行いました

 

9月2日には東海地震を想定した防災訓練と保護者の方への引き渡し訓練を行いました。地震は何の前触れもなくいきなりやってくることが多いです。ぐらっと揺れたその時を想定したシェイクアウト訓練をまず行いました。校庭への避難も緊張感を持って素早くできました。午後には遠山地区合同で引き渡し訓練を行いました。和田小学校の児童は校庭に集合した後、徒歩で5分ほどの遠山中学校に移動しました。体育館にはいるとさすがは中学生、暑い中にも関わらず、誰一人しゃべらず、誰一人姿勢も乱さず、待機していました。その姿が小学生にとっては何よりの見本でした。ご協力いただいた保護者の皆様ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

劇団ともしびさんの公演がありました

8月27日の3.4校時には「劇団ともしび」の皆さんによる巡回公演が行われました。7月にも来校いただき高学年はオープニングの歌の練習をしていただいています。今回の本番公演でも最初に舞台の上に団員さんと高学年児童が立って、オープニングの歌を歌いました。「虎の恩返し」という韓国・朝鮮に伝わる昔話を、音楽や歌を入れながら情感豊かに演じてくれました。難しい本を読むよりも、韓国・朝鮮がどんな国なのかイメージを持つことができた子どもが多かったと思います。公演終了後は団員さんと記念撮影をするなど思い出に残る日になりました。

ページの先頭にもどる