校章

飯田市立和田小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-1311 飯田市南信濃和田1165 TEL 0260-34-2044 FAX 0260-34-2801

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2010 年 11 月 のアーカイブ

南信濃たんけん~森林組合って何してるんだろう

いつも作業着で出勤するお父さん達,服がぼろぼろになってるから,すごい大変な仕事をしているのかも・・・。遠足に行ったら,神社の危険な木を1日がかりで切っていました。一体どんな仕事してるんだろう。

お仕事は木を切ることと,植えること,育てること。野菜ならすぐ大きくなるけど,木は大きく育つのにすごく時間がかかります。お山に木がなくなってしまうと,この間のようなこわい土砂災害にもつながることを教えてくれました。木のねっこがあると,土をかかえてくれる,のだそうです。この頃熊もたくさん出てきます。森林組合の人たちは,動物たちのえさになる木も植えて,どうぶつも住みやすい森作りを考えていました。最後にチェーンソーを持って燃料をしょわせてもらいました。ちょっとなら軽いけど,ずっとやってたら筋肉痛になりそう・・・。

ページの先頭にもどる

歯科衛生士さんによる全校歯科指導

 10月12日に歯科衛生士の藤本さんによる歯科指導がありました。

  今日は歯科指導だからといつもよりていねいに歯をみがいてきた人も染め出してみると赤くなっているところがたくさんあり、びっくりしていました。みがきにくい奥歯だけでなく、前歯が赤く染まっている人も何人かみられました。

1,2年生はとくに6歳臼歯のみがき方をおそわり、横から歯ブラシを入れることが上手にできるようになりました。3年生は「甘いおやつは好きですか?」など6つの質問に答えてむし歯の危険度をチェックしました。 4年生は国語で習った「かむことの力」に関連して咀嚼力判定ガムを使って自分のかむ力がどのくらいあるのかをみてみました。

5,6年生は歯肉炎についての学習をしました。むし歯・歯肉炎予防には①規則正しい食習慣 ②ていねいなはみがき ③自分で歯肉の点検 ④早めの治療 が大切だということがわかりました。

 染め出したときは真っ赤だった口の中も授業のおわりにには白くぴかぴかになっていました。一生使う大切な歯、上手な歯みがきで守っていきたいですね。

ページの先頭にもどる

♪シャボン玉とんだ♪

 2年生の音楽の授業で、『シャボン玉』を歌いました。「保育園のときに歌ったことがあるよ!」と子どもたち。元気いっぱいの声でシャボン玉を歌ってくれます。でも、今日はちょっとだけ難しいことに挑戦です。曲の感じが変わる「かぜかぜふくな シャボン玉とばそ」の部分をどう歌ったらいいのか自分たちで考えて歌ってみよう、というのが課題です。

 曲の背景から見ていくと、作詞者の野口雨情は、幼くして亡くなった娘をモデルにしてこの詩を書いたそうです。「シャボン玉消えた とばずに消えた」「生まれてすぐに こわれて消えた」と、自分の娘をシャボン玉にたとえたと言われています。だからこそ「かぜかぜふくな」なのだそうです。でも、2年生の子どもたちにはそんな背景は難しいと思い、そこは伏せておいて、「かぜかぜふくな シャボン玉とばそ」の部分をどんな気持ちで歌ったらいいか、子どもたちなりに考えてほしいと願っての授業でした。

 音楽室から外へ出て、実際にシャボン玉を飛ばしてみました。「見て見て!大きいのができたよ!」「こんなにたくさんのシャボン玉が出るよ!」「もっと高くまで飛んで!私のシャボン玉!!」と、シャボン玉あそびに夢中の子どもたち。しばらくシャボン玉をとばしたところで、「『かぜかぜふくな』のところはどんな気持ちで歌ったらいい?」と質問しました。すると、「風が吹くとシャボン玉が割れちゃうから、風吹かないで、っていう祈るような気持ち。」とKくん。Kくんの提案を受けて、大事に飛ばしたシャボン玉が割れないように、風吹かないで、の気持ちを込めて歌ってみると・・・       

 「かぜかぜふくな シャボン玉とばそ」をたっぷりとした息遣いで、でも願いを込めて、曲想を変化させて表情豊かに歌う子どもたちの姿がありました。作詞者の野口雨情さん、作曲者の中山晋平さんにも、2年生の歌声が届いたでしょうか? 届いているといいなぁ。

ページの先頭にもどる

あおぞらにんじん畑

 しばらく更新できていませんでした。その間に,堆肥をまき,種を買いに行き,そして種をまき…,あおぞらにんじん畑のにんじんたちは,すくすくと大きくなりました。

 最初にまいた種は,しっかりと発芽し,本葉も数枚生えてきました。先日,ドキドキの間引きをしました。とはいうものの,大事に大事に育ててきたにんじん。簡単に抜いてしまえるものではありません。少~しだけ抜いて終わってしまいした。間引いたにんじんの葉は,支援員の先生が天ぷらにしてくださいました。「はじめちょっと甘くて,その後ちょっと苦いんだけど,苦いのが消えたらまた甘くなった」と子どもたちもうれしそうに感想を言っていました。なかなかの美味ですよ。にんじんになった時が楽しみです。

 日をずらしながら3回種まきをしたので,2番目,3番目の畝のにんじんたちも,どんどん大きくなってきています。

ページの先頭にもどる